高級着物と格安着物の違いとは

着物ってすごく高価なイメージがありますが、探せば格安な物もあります。どういった部分が違うのか解説していきます。

一流の技の違い

高価な着物は職人の手が入ります。それも何人も入ります。それぞれの工程にその工程の職人がいて素晴らしい仕事をします。高い技術を要するので後継者不足にも悩まされていてなおさら価格が上がる傾向にあります。

それに比べて格安着物では印刷(プリント)でできていて工程が少なく、人の手が全然入っていないので着物自体にコストがかかっていません。

高級着物は同じようにしようとしても、全く同じものにならないとうこともあります。機械プリントの模様はどこをとっても同じ模様で同じ物が作れます。

驚く事に高級着物は完成までに1年かかるものもあります。 時間がかかる、同じ物が作れない、それだけで魅力がたくさんあるのが高級着物の良い所です。

ただ格安着物が悪いわけではりません。 安価で手にいれられるため一般の方にも気軽に着ていただく事ができます。

汚れなどもそこまで気にしなくていいのも大きなメリットです。

そういった点をふまえて最近では京都などを中心に着物レンタルが流行っています。着物レンタルが流行する事で着物がもっと身近になりつつあります。