着物・和服・呉服の違いを解説

着物・和服・呉服の違いを詳しく解説いたします

着物とは何か?

着物というのは「着るもの」を意味しているので本来は普通の衣服のことを着物と言っていました。西洋から入ってきた洋服が流行すると共に着物を和服と言うようになり、最近では和服イコール着物として認知されています。

和服とは何か?

日本の服が和服の語源であり、明治時代に西洋の衣服である洋服を着用する人が増加、それと区別するために和服として認知され着物と同等の意味で使われています。 和服は長着を身につけ帯を結んで着付けが終わった状態で表されることが多いです。

呉服とは何か?

着物を販売しているお店を呉服屋と呼んだり、百貨店などでは呉服売り場として有名です。 呉服は和服のことだと思っておられる方も多いと思いますが、本来は古代中国にあった呉という国から伝わった織物のことを表す言葉で、本来は織物や織物技術、反物を指す言葉です。

江戸時代に正絹で作った衣服の事を呉服と呼んでいました。綿で作った物は太物屋と呼ばれる所で販売されていてそれぞれ違う場所で販売されていました。その後合体した呉服太物屋が登場し両方販売するようになり、これがまとまって呉服屋となり呉服は和服の販売店となりました。